保険の見方時代の変化によって見直しが必要

返済に備えて

住宅ローンの利用とともに必要な保障が変化することもあります

銀行が住宅ローンを利用する顧客に対して保険見直しの提案を積極的に行っています。住宅ローンには団体信用生命保険がありますので、借入をしている人に万一のことがあれば生命保険の保険金で住宅ローンは完済になります。その場合に遺族には借入金のない自宅が残ります。家族の収入を支えている人がいなくなって家計に影響があるものの住居費は固定資産以外に発生しないので賃借料の負担はありません。団体信用生命保険は住宅ローンの利用者の死亡に備える保険ですので、病気や怪我で収入が減少した場合にも住宅ローンの返済に困らないように所得補償保険が必要になることもあります。また、保険見直しのポイントの一つは医療費の支出に備えた医療保険になります。

銀行はライフサイクルに応じた保険提案を強化する傾向にあります

住宅ローンを借りた際には、新たにその返済負担が発生しますので、不要になった賃借料の負担との差額については家計の支出が増加することになります。団体信用生命保険があることから、死亡保障の定期保険などに関しては保険見直しをして、保障を減額して保険料を削減することも検討できます。その保険料を所得補償保険や医療保険の保険料に充当することも可能になります。このように、住宅ローンを借りて自宅を購入するようなライフサイクルの節目において、銀行は保険見直しの提案を積極的にしています。子供が誕生した際に学資保険を提案したり、40歳を迎える頃に老後に備えた個人年金保険を提案したりするなど、顧客情報を活用した提案を強化しています。

» ページのトップへ戻る